Technical Skill

大きな信頼は、ミクロン単位の 手仕事にこそ宿る。

この国のモノづくりを支えているのは、先進のテクノロジーだけではありません。
優れた製造機器だけでは補いきれない、人の手や目、耳の感覚…。
創業以来、私たちはそうした 「手仕事」のノウハウを 最大限にいかしたモノづくりで、
時代のニーズにお応えしつづけています。

切断技術 CUT OFF

モノづくりに関するFAQへ

0.03ミリの誤差を許さない厳格な世界。

切断面のごくわずかな「かえり」やサイズの誤差が組み上げた際の致命的な欠陥に直結しているため、お客様の規格にあわせて珪素鋼板をカットする作業には、高い技術が求められます。その許容範囲は実に0.03ミリ以下。
そのため、刃の形状やあて方、素材の送り込み方には、経験に裏付けられたノウハウが不可欠であり、何よりも職人の指先の感覚や厳しいまなざしがものをいう世界なのです。

その日の天候や素材の特性・状態を見極め、均一に切断していきます。

切断技術について

このページのTOPへ

積層技術 PILE UP

モノづくりに関するFAQへ

シビアなクオリティニーズに応える職人の技。

コンマ数ミリしか厚みのない鋼板材を数百枚も積み上げ、数十センチのボリュームを持つ製品を形づくる作業は、細心の注意と集中力を要します。しかも、ほとんどの製品は単調な四角柱ではないのです。
そのため土台づくりが作業の要。大きな製品になると、まず数時間かけて治具のセッティングを行います。その後も、常に誤差を修正しながら慎重に作業を進めるのです。

わずかなズレも許されない手作業。異物の混入や湿気による収縮にも気を配ります。

積層技術について

このページのTOPへ

製缶技術 FORMING

モノづくりに関するFAQへ

製品へのご評価・ご信頼は、総合的な技術の結晶。

先にご紹介した通り鉄芯は、カットした鋼板材を積み上げることで製品となります。従って、積層の工程で基礎となる部材も製品の一部ということです。
そうした部材やズレを防止するための治具などは信頼できるものでなければならず、その多くも自社でつくっています。
そうした部材や治具の製造に欠かせないのが製缶技術。溶接や研磨にも、専任の職人が腕をふるっています。

このページのTOPへ

TOMOGANE information

  • Next Stage 磨き上げた技術は、新たなフィールドを求めてー。
  • RECRUIT information
  • ACCESS アクセス
  • SITEMAP サイトマップ

お電話でのお問い合わせ

075-311-0191 月曜日~土曜日 am10:00~pm5:00

メールでのお問い合わせ

問合わせフォーム